実習生紹介

 金曜と土曜のブログを担当しました、田原です。
 
 私は、筑波大学体育専門学群に所属しており、このたび実習で1週間やまぐちスポーツ医・科学サポートセンターにお世話になりました。

 山口県のタレント発掘・育成事業に興味を持ち今回の実習に至ったわけですが、大変多くのことを学ばせていただきました。
 中でも、実際に子供たちの行っているアカデミーに参加したことが印象に残っています。小・中学生のアカデミーと、小学生のセーリングの専門プログラムに参加しましたが、まず子供たちの能力の高さに驚きました。
 少しアドバイスをするだけで動きがどんどん改善されていく姿を見ていると、指導している側にも大きなやりがいを感じられるとともに、これからどんな選手に育っていくのだろうかと楽しみに思います。

 山口県の行っているような身体能力開発プログラムは前例がなく、サポートセンターのスタッフが中心になって一から作られたものです。週3日行われるわけですからその苦労もわかりましたが、子どもたちの将来を考えるとそれだけ行う必要があることもわかりました。アカデミーに参加している子供たちには、そのチャンスがあり良い指導者に恵まれていることを自覚してほしいと思います。私のころにはなかったプログラムなので、子どもたちを羨ましくも思いました。
 素直な子供たちばかりで、もっと一緒にプログラムに参加したいと思いますが、次に会える時までに子どもたちにも見せられるように、トレーニングも勉強も頑張りたいと思います。そして、一緒にウィンドサーフィンをしたいです!!

 短い期間でしたが、自分の故郷である山口県でタレント事業が展開されていることを知り、実習に来られて本当によかったです。この場をお借りして、お世話になった皆さんにお礼を言いたいと思います。ありがとうございました。

 これから日本のスポーツ界を引っ張っていくジュニアの育成は不可欠です。スポーツだけでなく、人間的に立派なアスリートになってほしいと願っています。同時にそれを支える私たち大人の責任の重さにも気づけました。私も何らかの形でみなさんを応援していきたいと思います。

 ありがとうございました。
                             筑波大学体育専門学群 2年 田原 麗衣
[PR]

  by a-academy | 2010-02-01 11:13 | 身体能力開発プログラム

<< 小学生の部 第102回 中学生の部 第35回 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE