セーリング専門プログラム 第18,19回

9月4日(土)、5日(日) セーリング専門プログラム

今回もマークを使った短めのコース練習をしました。
b0181767_1655576.jpg









台風9号が近づいてきていることもあり、ほどよい風に恵まれました001.gif

今回、キッズのみんなには風下マークの廻り方を少しだけお話しました。
マークを廻った後にふくらまないよう、「大きく入って小さく出る」というものです。

マリオカート(ゲーム)をしていても感じますが、コーナーを廻るのはとても難しいものです。
スピードを出したままだと小回りが効かず廻りきれないし、かといってスピードを緩めたくないし・・・008.gif 勝負の分かれ目とも言えるでしょう034.gif

ターンが勝負の分かれ目といえば、競艇のモンキーターンですね。
スピードを落とさず、ボートの上に前傾姿勢で立ち上がり、舟の外側を蹴るように回るモンキーターンを最初に始めたのは飯田加一さんといわれる方なのだそうですが、飯田さんが語ったところによれば、当時飯田さんがウィンドサーフィンに熱中していたことから、ウィンドサーフィンのレースにおける選手のテクニックを参考に編み出したものだといわれているそうです。

セーリングのレースもマーク回航がとても大事な要素です!
b0181767_1655392.jpg



しっかり練習を積んでいきましょうね!!066.gif
[PR]

  by a-academy | 2010-09-08 17:34 | セーリング専門プログラム

<< レスリング専門プログラム 第21回 身体能力開発プログラム 小学生... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE