レスリング専門プログラム 第44回&徳山大会

YAMAGUCHI Junior Athlete Academy Wrestling Special Program

第44回 2月26日(土) 参加者 13 名
第15回 徳山少年レスリング選手権大会 2月26~27日 出場者12名


今回のレスリング専門プログラムは大忙しでした042.gif

というのも、2月26~27日とレスリングの大会があり、26日は大会中にもかかわらず育成プログラムを実施したからです。


大会に出場した選手・保護者、指導スタッフのみなさんお疲れ様でした。040.gif



さて、それでは早速、大会と練習を振り返ってみましょう061.gif

b0181767_1435432.jpg






第15回 徳山少年レスリング選手権大会

2月26日(土)~27日(日)
キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター

今回は九州、中四国各地から31チーム、321名のチビッコレスラーが参加しました!

アカデミーからは12名の選手が参加。

「練習は試合のつもりで、試合は練習のつもりで」

日頃の練習の成果を発揮する機会です047.gif

b0181767_14504091.jpg



大会初日は各階級2回戦まで行いました。
今回の大会は、各選手2回負けるまで試合が続くバッドマーク方式という対戦方法で試合を行います。

大会初日、アカデミーからは出場選手12名中、11名が勝ち残り、明日の試合で上位進出を狙います006.gif

ところが、男子のエース水柿選手は厳しい組み合わせ・・
1回戦が全国王者、2回戦も中四国王者と善戦むなしく初日敗退002.gif

水柿選手、この悔しさをバネにガンバレ!


試合終了後は、そのまま徳山大学へ移動。
お疲れのところですが、いつも通りの練習を行います。

いざ練習が始まると・・・

試合の疲れなど見せず、みんな元気です003.gif

早速、今日の反省点を中心に、課題修正に取り組みました。

明日の結果次第でメダルに手が届くわけですから、いつも以上に真剣さが伝わってきます045.gif

明日もガンバるぞー!066.gif



大会二日目


11名中、何人が入賞できるかな?

「いままで練習でやったことを思い出して、勝ち負けは気にせずに今の自分の力をすべて出し切るように!」

指導スタッフから檄がとびます022.gif
b0181767_14522575.jpg



試合開始。


相手も2日目に残っている選手だけになかなか思うように技が決まりません・・

中には、悔しくて涙が出ちゃう選手も・・・007.gif

それでもみんなよく頑張りました!


結果発表!

【優勝】
田中志歩
田中亨佳
野村菜々香

【準優勝】
吉原俊祐
宮川柚菜

【3位】
大西直矢
松田哲太
荒川廣貴

【出場】
水柿岳大
小野弘運
山本充沙
大浜辰之輔

b0181767_14573017.jpg



そして最後は恒例の

「あめまき」

敵味方関係なく、お菓子めがけてもみくちゃになります037.gif
b0181767_14592174.jpg



大会関係者のみなさん、選手・保護者のみなさん2日間お疲れ様でした&ありがとうございました。

次の大会は今週末の全国選抜少年少女レスリング選手権大会です。
アカデミーからは3名の選手が出場します。
[PR]

  by a-academy | 2011-03-01 15:12 | レスリング専門プログラム

<< JOC オリンピック有望選手研修会 レスリング徳山大会のご案内 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE