保護者にもアンチ・ドーピング!

平成24年11月26日(月)山口県スポーツ交流村第3研修室にて、
スポーツ医・科学サポート委員会の嶋元徹 先生(嶋元医院)を講師に迎え、
アカデミー生の保護者のみなさんに、アンチ・ドーピング講習会を行いました。

b0181767_1641584.jpg






講義内容は、「ドーピング」という言葉の由来から始まり、
ドーピング検査の詳しい手順や方法、禁止物質の含まれている医薬品の紹介など、
とても興味深い内容でした。

特に、禁止物質の含まれている医薬品の紹介では、
実際の商品名を挙げて紹介されたため、
身近な薬(風邪薬など)にも禁止物質が含まれている事がわかると、
保護者も驚いた様子を見せていらっしゃいました。

初めてアンチ・ドーピングの話を聞く保護者に対しても、大変分かりやすい内容で、
講義後には、相談や質問に行く保護者の姿から、関心の高さを伺うこともできました。


世界で戦う選手にとって、ドーピング検査は避けては通れないものであり、
世界へ羽ばたこうとしているアカデミー生も、身近な出来事になることは間違いありません。

ドーピングに関するお問い合わせは、
やまぐちスポーツ医・科学サポートセンター(TEL:0833-74-1551)まで。
[PR]

  by a-academy | 2012-11-30 16:00 | 身体能力開発プログラム

<< 日本スポーツ振興センターが視察 5期生 体験プログラム >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE